安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、旭川、北見、網走、苫小牧

遺産分割の調停・審判

遺産分割の調停・審判

遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所に申し立てる事ができます。


遺産を分割する場合は、相続人全員による遺産分割協議によって、解決するのが原則となっています。
相続人の間で遺産分割協議がまとまらない場合や、協議に応じようとしない相続人がいる場合には、家庭裁判所の審判手続や遺産分割調停を利用して、解決を目指すことになります。


この調停というのは、家庭裁判所の家事審判官や調停委員が、相続人同士の意見や主張を聞きながら、調停委員は、亡くなった人への貢献度、職業や年令などを総合的に判断して、相続人全員が納得できるよう、話し合いを進めます。


しかし、この話し合いでも合意ができないときは、家庭裁判所の審判で結論を出すことになります。


審判では調停のように、相続人同士の話し合いが行われることはなく、家庭裁判所が各人の事情を聞き取り、公平に判断して、審判を下すことになります。


このとき、必要に応じて相続人や遺産の内容についての事実関係を調べたり、相続人の主張の正当性を確かめることも行なわれます。


下された家庭裁判所の審判には強制力があり、合意できない場合もこれに従わなければなりませんが、不服のある場合には「即時抗告」を行うことは可能です。

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

単純承認と限定承認

単純承認と限定承認

相続財産を引き継ぐ方法として、“単純承認”と“限定承認”の2種類があります。どちらが自分にと...

生前贈与

贈与の活用方法

相続対策として意外に有効なのが生前贈与です。現在、年間110万円以下の贈与は課税されず、申告...

遺産、分割、協議、注意点

遺産分割協議の注意点

遺産分割協議を行う際には、いくつかのポイントがあります。出来る限り少ない話し合いで合意を見出...

遺産分類、相続方法

遺産の分類と相続方法

遺産の分類 遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。つまり...

最新コンテンツ

遺産分割の調停・審判
遺産分割の調停・審判
遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所
不動産の名義変更(相続登記)
不動産の名義変更(相続登記)
不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日

カテゴリー

PAGE TOP