安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、札幌、旭川、北見、網走、苫小牧

遺言の作成方法

遺言の作成方法

遺言は民法で定められた形式で作成しないと無効になりますので、正しい遺言を作成しましょう。

遺言は、それぞれ遺言の種類によって法律で厳格に書き方が定められています。せっかく書いた遺言書も、書式に不備があるために、無効になることがあります。

自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をいたしますが、きちんとした遺言書を作成したいのであれば、司法書士などの専門家にご相談することをお勧めします。

遺言作成のポイント

自筆証書遺言の作成方法

  1. 全文を自筆で書くこと。
  2. 縦書き、横書きは自由で、用紙の制限はありません。
    筆記具もボールペン、万年筆など何を使用しても構いません。(録音や映像は無効です。)
  3. 日付、氏名も自筆で記入すること。
  4. 捺印をすること。認印や拇印でも構いませんが、実印が好ましいです。
  5. 加除訂正する時は、訂正個所を明確にし、その個所に捺印の上署名すること。

公正証書遺言の作成方法

  1. 証人2人以上の立会いのもとで、公証人役場へ出向くこと。
  2. 遺言者が遺言の内容を公証人に口述すること。
    (聴覚・言語機能障害者は、手話通訳による申述、または筆談により口述に代えることができます。)
  3. 公証人がその口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させること。
  4. 遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名捺印すること。
  5. 公証人がその証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印すること。

証人・立会人の欠格者について

遺言執行者は証人になることが認められていますが、未成年者、推定相続人、受遺者及びその配偶者、及び直系血族は証人にはなれません。

また、公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇用人も同様に証人にはなれません。

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

単純承認と限定承認

単純承認と限定承認

相続財産を引き継ぐ方法として、“単純承認”と“限定承認”の2種類があります。どちらが自分にと...

相続不動産の評価を下げる方法

相続不動産の評価を下げる方法

相続税対策として、相続不動産の評価を下げることは大きな節税効果があります。 相続不動産の評...

法定相続人、相続人

法定相続と相続人

相続が発生し、被相続人(お亡くなりになった方)が遺言書を作っていなかった場合、法律で決められ...

保証債務の相続

保証債務の相続

保証債務とは 相続を承認した後や、相続放棄の期間が経過した後に、被相続人が他人の借金の保証...

札幌相続税あんしん窓口

最新コンテンツ

遺言をすべき人は?
遺言をすべき人は?
相続人同士の仲が悪いなど、自分の死後に遺産相続争いが起きそうな場合は
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺言書の保管について
遺言書の保管について
苦労して作成した遺言書でも、紛失したり、自分の死後に相続人に見つけて
公正証書遺言とは
公正証書遺言とは
3種類ある遺言のうち、「公正証書遺言」が最も安全です。作成手順を押さ
遺言の作成方法
遺言の作成方法
遺言は民法で定められた形式で作成しないと無効になりますので、正しい遺

カテゴリー

PAGE TOP