安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、旭川、北見、網走、苫小牧

遺産分割協議書の作り方

遺産分割協議書

遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日のトラブルを回避するためにも作成をお勧めします。
「相続人の範囲」、「相続財産の範囲」、「分割方法」、「新たに相続財産を発見したときの対処方法」、「作成日付」、「相続人全員の署名・実印押印」の6点を明記してください。

遺産分割協議書の作り方

遺産分割協議がまとまったら、遺産分割協議書にその内容を記載します。
遺産分割協議書の書き方のポイントを押さえておきましょう。

用紙

紙の大きさに制限はありません。

押印 

遺産分割協議書が数ページになるときは、相続人全員の実印で契印してください。法務局では、少しの記入ミスでも訂正を求めますので、できれば捨印があった方がいいでしょう。

捨印を押すのを嫌がる相続人がいるときは、チェックして間違いがないことを確認しましょう。署名の後ろに捺印する実印は、鮮明に押印する必要があります。

財産の表示

不動産の場合、住所ではなく登記簿どおりの表記にしてください。銀行等は、支店名・口座番号まで書いてください。

日付

遺産分割協議書の相続人が署名、押印した日付は、遺産分割の協議をした日か、あるいは最後に署名した人が署名した日付を記入するようにしましょう。

相続人の住所・氏名

必ず、相続人本人に署名してもらいましょう。
住所、氏名は、印鑑証明書に記載されているとおりに記載します。

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

相続不動産の売却

相続不動産の売却

相続した不動産を売却するなんて!と思われた方もいらっしゃるかと思います。しかし、実は相続した...

遺産、分割、協議、注意点

遺産分割協議の注意点

遺産分割協議を行う際には、いくつかのポイントがあります。出来る限り少ない話し合いで合意を見出...

遺言の種類

遺言の種類

相続人が遺産を巡り「争族」となることを防止するためには、遺言の作成が効果的です。 遺言には...

相続、手続、書類

相続手続に必要な書類

相続手続には、添付書類として下記のようなものが必要となります。相手先によって変わる部分もあり...

札幌相続税あんしん窓口

最新コンテンツ

遺産分割の調停・審判
遺産分割の調停・審判
遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所
不動産の名義変更(相続登記)
不動産の名義変更(相続登記)
不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日

カテゴリー

PAGE TOP