安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、旭川、北見、網走、苫小牧

相続不動産の評価を下げる方法

相続不動産の評価を下げる方法

相続税対策として、相続不動産の評価を下げることは大きな節税効果があります。

相続不動産の評価額を減らす

相続税の負担を軽くするためには、出来るだけ相続税評価額を減らしておくことが肝心です。

もちろん、違法に減らすのではなく、法律で認められている事項を漏れなく適用していくのです。

下記に代表的な評価減の方法論を掲載しておきますので、参考にしてください。

土地を他人に貸している場合

貸宅地の評価額=自用地価額×(1-借地権割合)
(自用地・・・他人に貸さずに、自分で使用している宅地のこと)

土地を借りている場合

借地権の評価額=自用地とした場合の評価額×借地権割合
(貸している土地であっても建物がない場合には借地権は発生しない)
(借地権割合は、路線価図や評価倍率表に表示されている)

賃貸物件を所有しているとき【貸家建付地評価減】

地主が建物を建てて他人に貸している時の土地

貸家建付地=自用地価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
(賃貸割合=賃貸されている各独立部分の床面積の合計÷家屋の各独立部分の床面積の合計)

生活に必要な資産に対する配慮【小規模宅地の評価減】

生活の基盤となる最低限必要な財産を相続税から守るため、一定の要件をみたした場合には、被相続人の居住用宅地や事業用宅地のうち、一定の面積までは通常の評価より一定の評価減を行うもの。
宅地の状況:種類:限度面積:減額される比率

宅地の状況 宅地の種類 限度面積 減額割合
居住用宅地 特定住居用宅地 330m2 80%
事業用宅地 特定事業用宅地 400m2 80%
  特定同族会社事業用宅地 400m2 80%

建物を他人に貸している場合

貸家の評価額=固定資産税評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

相続

相続放棄とは

相続放棄とは 相続放棄とは、被相続人の残した財産や借金を引き継ぐ権利がある相続人が、それら...

生前贈与

贈与の活用方法

相続対策として意外に有効なのが生前贈与です。現在、年間110万円以下の贈与は課税されず、申告...

名義変更の手続き

株式の名義変更

相続人が相続する財産のなかに株式があり、不動産の名義変更と同じように、名義を変更する必要があ...

遺産分類、相続方法

遺産の分類と相続方法

遺産の分類 遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。つまり...

札幌相続税あんしん窓口

最新コンテンツ

遺産分割の調停・審判
遺産分割の調停・審判
遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所
不動産の名義変更(相続登記)
不動産の名義変更(相続登記)
不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日

カテゴリー

PAGE TOP