安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、旭川、北見、網走、苫小牧

法定相続と相続人

法定相続人、相続人

相続が発生し、被相続人(お亡くなりになった方)が遺言書を作っていなかった場合、法律で決められた財産の分配ルールに従って、遺産分割をしていきます。


民法では、誰が相続人となるのか(法定相続人)を規定していますが、さらに各相続人が受け継ぐ財産の割合(法定相続分)についても規定しています。この、民法のルールに従った相続を『法定相続』と呼びます。(遺言書がある場合は、遺言書の内容が優先します。)相続の順位、割合は、以下のように決まっています。

法定相続人の順位ならびに割合

法定相続の順位ならびに割合は以下のように決められています。

順位 法定相続人 割合
 1 子と配偶者 子=1/2 配偶者=1/2
 2 直系尊属と配偶者 直系尊属=1/3     配偶者=2/3
 3 兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=1/4     配偶者=3/4

 


■配偶者は常に相続人となります。
■直系尊属は、子がいない場合の相続人となります。
■兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人となります。

相続人調査

相続人は大きな財産を手にすることもありますので、今まで会ったこともないような相続人が突然権利を主張することも少なくありません。正しい手順で、相続人を調査する必要があります。正しい手順は、以下のとおりです。

  1. 亡くなった方の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等を、出生から死亡まですべて取得します。
  2. 通常、この段階で両親と子供、配偶者が確認できます。
  3. 子供(代襲者を含む)がいない場合は、両親を初めとする直系尊属が相続人になりますので、必要に応じて戸除籍を取得します。
  4. 直系尊属が全員亡くなっている場合は、兄弟の戸籍等も取り寄せて調査します。

相続調査でしばしば発生するのは、相続人の人数が当初の想定より遥かに多かったり、時には聞いたこともない名前が出てくるといったケースです。


このように相続人調査が正確でなく、法定相続人の一部を除外して遺産分割協議を行った場合、相続権の回復を請求され、全てやり直しになる可能性があります。こじれると訴訟に繋がることも考えられます。


相続人は全国各地にお住まいの場合も多く、場合によっては海外にいらっしゃることも考えられます。相続が発生した直後に、全ての相続人の戸籍を集める作業も、かなりの負担です。

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

20150527

不動産の名義変更(相続登記)

不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく、また、承継方法を間違え...

生前贈与

贈与の活用方法

相続対策として意外に有効なのが生前贈与です。現在、年間110万円以下の贈与は課税されず、申告...

相続税の課税対象財産

相続税の課税対象財産

相続税の対象となる財産は大きく以下の3つに分類されます。 本来の相続財産 生前の贈与...

生命保険金の請求

生命保険金の請求

生命保険金の請求は、誰が受取人に指定されているかによって、手続きにいろいろなケースがあります...

最新コンテンツ

遺産分割の調停・審判
遺産分割の調停・審判
遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所
不動産の名義変更(相続登記)
不動産の名義変更(相続登記)
不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日

カテゴリー

PAGE TOP