安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、旭川、北見、網走、苫小牧

相続放棄の期間伸長

相続放棄の期間伸長

相続放棄の判断に迷ったら、相続放棄の期間を伸長することが可能です。


相続放棄は原則として、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に手続きをとらなければならないことになっています。


しかし、これを徹底させると、亡くなってから3ヶ月の期間が経過した後、借金の請求がきて、そこで初めて借金の存在を知った場合でも、放棄をすることが出来ないということになります。


そこで、これまでの判例によると、相続放棄が出来る期間を経過した後でも、債務(借金など)の存在を知らなかった場合で、かつ知らなかったことに理由がある場合など一定の要件を満たせば、自分が相続人という立場であると知り、借金の存在を知った時から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすれば良いとされています(例外ではあります)。

3ヶ月後の相続放棄における判断基準

3ヶ月後の相続放棄が認められないケースは以下の通りです。

  1. 相続人として亡くなった方の財産を受け取った、処分した場合
  2. 相続財産を隠すなどの背信行為をしたとき
  3. 自分が相続人であること、借金があることを知っていたとき

この場合、プラスの財産もマイナスの財産も全て受け継ぐ「単純承認」をしたとみなされます。


借金の存在を知った場合は何も手をつけず、まずは専門家に相談した方が良いでしょう。


ちなみに相続を専門に取り扱っていないところでは、「3ヶ月以上経過しているのであれば放棄できません」という返答をされることがありますので、当事務所のような専門家にご相談下さい。

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

相続不動産の評価方法

相続不動産の評価方法

相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です。通常、相続税について...

保証債務の相続

保証債務の相続

保証債務とは 相続を承認した後や、相続放棄の期間が経過した後に、被相続人が他人の借金の保証...

遺産、分割、協議、注意点

遺産分割協議の注意点

遺産分割協議を行う際には、いくつかのポイントがあります。出来る限り少ない話し合いで合意を見出...

遺言の活用方法

遺言の活用方法

残された家族や大切な人が、ご自身の遺産を巡って争わないために、生前にきちんとした遺言を作成し...

最新コンテンツ

遺産分割の調停・審判
遺産分割の調停・審判
遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所
不動産の名義変更(相続登記)
不動産の名義変更(相続登記)
不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日

カテゴリー

PAGE TOP