安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、旭川、北見、網走、苫小牧

預貯金の解約・名義変更手続

預貯金の解約・名義変更手続

被相続人名義の預貯金は、金融機関が被相続人の死亡を確認した時点から、預金口座が凍結されます。


これは、一部の相続人が許可なく預金を引き出したりすることを防止するためです。


この凍結を解除し、金融機関に預貯金の払い戻しをさせるためには、いくつかの方法があります。


凍結された預貯金の払い戻しができるようにするための手続きは、遺産分割が行われる前か、行われた後かによって手続きが異なります。
事前にそれぞれの金融機関に確認が必要となります。

遺産分割協議前の場合

遺産分割前の場合には、以下の書類を金融機関に提出することになります。

遺産分割前に提出する書類

  • 金融機関所定の払い戻し請求書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのものすべて)
  • 各相続人の現在の戸籍謄本
  • 被相続人の預金通帳と届出印 

金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、直接どのような書類が必要になるのか問い合わせてみましょう。

遺産分割協議後の場合

遺産分割をどのように済ませたかにより、手続きは異なりますので事前にしっかりおさえておきましょう。

1)遺産分割協議に基づく場合に提出する書類

  • 金融機関所定の払い戻し請求書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのものすべて)
  • 各相続人の現在の戸籍謄本
  • 被相続人の預金通帳と届出印
  • 遺産分割協議書(相続人全員が実印で押印) 

2)調停・審判に基づく場合に提出する書類

  • 金融機関所定の払い戻し請求書
  • 家庭裁判所の調停調書謄本または審判書謄本
    (いずれも家庭裁判所で発行を受けることができます)
  • 預金を相続した人の戸籍謄本と印鑑証明書
  • 被相続人の預金通帳と届出印 

3)遺言書に基づく場合に提出する書類

  • 金融機関所定の払い戻し請求書 
  • 遺言書
  • 被相続人の除籍謄本
    (最後の本籍の市区町村役場で取得できます。)
  • 遺言によって財産をもらう人の印鑑証明書
  • 被相続人の預金通帳と届出印

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

相続不動産の評価を下げる方法

相続不動産の評価を下げる方法

相続税対策として、相続不動産の評価を下げることは大きな節税効果があります。 相続不動産の評...

相続税の申告・納税

相続税の申告・納税

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合に発生します。ただし、相続には基礎控除がある...

単純承認と限定承認

単純承認と限定承認

相続財産を引き継ぐ方法として、“単純承認”と“限定承認”の2種類があります。どちらが自分にと...

名義変更の手続き

株式の名義変更

相続人が相続する財産のなかに株式があり、不動産の名義変更と同じように、名義を変更する必要があ...

最新コンテンツ

遺産分割の調停・審判
遺産分割の調停・審判
遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所
不動産の名義変更(相続登記)
不動産の名義変更(相続登記)
不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日

カテゴリー

PAGE TOP