安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、札幌、旭川、北見、網走、苫小牧

遺言書の保管について

遺言書の保管について

苦労して作成した遺言書でも、紛失したり、自分の死後に相続人に見つけてもらわなければ、その機能を果たすことはありません。

しかし、遺言書は、ある相続人には好ましい内容でも、別の相続人にとってはそうでないこともあり、自分が生きているうちは内容を人に見られたくないものも多いため、あまり簡単に見つかる場所に保管することも出来ません。

では、どのように保管すればいいのでしょうか?

わかり易く、安全な場所探し

遺言は書面で書くことになっていますが、遺言によって自らの意思を実現するためには、その遺言書を相続人に見つけてもらわなければなりません。
発見してもらえなければ、せっかく作成した遺言は何の法的効力も持ちません。

従って、遺言書は遺言者が亡くなった後に相続人らがすぐにわかるような場所で、かつ隠されたり、勝手に書き換えられたりする心配の無い場所に保管しておく必要があります。
身の回りでそのような場所を探してみてください。

そのような場所が見つからない場合は、以下を参考に保管場所を考えてみてください。

ケース毎の対応策

公正証書遺言の場合 ・公正証書による遺言は、遺言書の原本が公証役場に保管されています。
・従って、相続人らに遺言書を作成してある公証役場の場所を伝えておけば十分です。
・遺言書の存在が明らかになっても、相続人らが公証役場を訪れて遺言書の内容を教えて欲しいと要求したり、閲覧を請求したりしても、公証人がこれに応じることはありません。
司法書士に頼む場合 ・遺言書作成の際にアドバイスを受けた司法書士に保管を頼むという方法があります。
・司法書士は法律により守秘義務を負っており、職務上知りえた事実を第三者に洩らすことは禁止されています。
・従って、遺言書の存在すら秘密にしておくことも可能です。
第三者に頼む場合 ・自筆証書遺言の場合、親族等に預けることもあります。
・しかし法定相続人など遺産に利害関係のある方に預ける場合には、隠匿、改ざんの恐れがあり、逆に紛争の元となりかねませんので、なるべく遺産に何の利害関係がない、公正な第三者に保管してもらうようにしてください。

遺言で遺言執行者を定めた場合には、遺言執行者に預けておくのが適当です。

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

相続不動産の評価方法

相続不動産の評価方法

相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です。通常、相続税について...

相続放棄の期間伸長

相続放棄の期間伸長

相続放棄の判断に迷ったら、相続放棄の期間を伸長することが可能です。 相続放棄は原則として、...

遺言の活用方法

遺言の活用方法

残された家族や大切な人が、ご自身の遺産を巡って争わないために、生前にきちんとした遺言を作成し...

法定相続人、相続人

法定相続と相続人

相続が発生し、被相続人(お亡くなりになった方)が遺言書を作っていなかった場合、法律で決められ...

札幌相続税あんしん窓口

最新コンテンツ

遺言をすべき人は?
遺言をすべき人は?
相続人同士の仲が悪いなど、自分の死後に遺産相続争いが起きそうな場合は
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺言書の保管について
遺言書の保管について
苦労して作成した遺言書でも、紛失したり、自分の死後に相続人に見つけて
公正証書遺言とは
公正証書遺言とは
3種類ある遺言のうち、「公正証書遺言」が最も安全です。作成手順を押さ
遺言の作成方法
遺言の作成方法
遺言は民法で定められた形式で作成しないと無効になりますので、正しい遺

カテゴリー

PAGE TOP