安心と信頼の相続税
相続申告代行総合窓口、旭川、北見、網走、苫小牧

相続税の課税対象財産

相続税の課税対象財産

相続税の対象となる財産は大きく以下の3つに分類されます。

  1. 本来の相続財産
  2. 生前の贈与財産
  3. みなし相続財産

1. 本来の相続財産

この場合の財産とは、被相続人が死亡時に所有していた現預金、有価証券、土地・家屋、貸付金、著作権などの金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてをさします。

2. 生前の贈与財産

相続や遺贈により財産を取得した者が、被相続人の死亡前3年以内に被相続人から取得した贈与財産及び相続時精算課税の適用を受けた財産のことです。


これらの財産はすでに被相続人の所有から外れていますが、相続税の計算上は本来の相続財産に上乗せします。

3. みなし相続財産

本来は相続財産には含まれないものの、被相続人の死亡を原因として、相続人が取得した財産を、相続税の計算上は相続財産とみなして、本来の相続財産に上乗せする財産のことです。


死亡保険金(生命保険金・損害保険金)、死亡退職金などがこの対象となります。

相続税のことならお任せください。

札幌旭川相続税安心窓口

関連記事

相続不動産の売却

相続不動産の売却

相続した不動産を売却するなんて!と思われた方もいらっしゃるかと思います。しかし、実は相続した...

相続不動産の評価を下げる方法

相続不動産の評価を下げる方法

相続税対策として、相続不動産の評価を下げることは大きな節税効果があります。 相続不動産の評...

相続税の申告・納税

相続税の申告・納税

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合に発生します。ただし、相続には基礎控除がある...

遺言をすべき人は

遺言をすべき人は?

相続人同士の仲が悪いなど、自分の死後に遺産相続争いが起きそうな場合はもちろんですが、それ以外...

最新コンテンツ

遺産分割の調停・審判
遺産分割の調停・審判
遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所
不動産の名義変更(相続登記)
不動産の名義変更(相続登記)
不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価方法
相続不動産の評価 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です
遺言の執行について
遺言の執行について
自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現され
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書の作り方
遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日

カテゴリー

PAGE TOP