不動産の名義変更

こちらのページでは不動産の名義変更の方法をお伝えいたします。

不動産の名義変更は相続や贈与など不動産を取得したときに必要です。相続によって不動産を取得した場合、被相続人の名義から引き継いだ人の名義に変更しますが、いつまでに行わなければいけないという期限は決まっていません。長い間名義変更を行わず、結果親族間でトラブルになってしまうケースもありますので、早めに名義変更の手続きは行いましょう。

不動産の名義変更は以下の手順で行います。

不動産を相続した際の名義変更の方法

1:相続人の調査

まずは被相続人にとっての相続人を確定します。被相続人の出生から亡くなるまですべての戸籍謄本を収集することにより相続人を確定することができます。この戸籍謄本がそろっていないと、不動産の名義変更の手続きが受理されなくなってしまいます。

2:相続財産調査

被相続人が所有していた相続財産である不動産を調査します。不動産の調査に必要な書類は市区町村や法務局で取り寄せることができます。

3:遺産分割協議書

法定相続分で相続する、もしくは遺言書がある場合を除き相続財産である不動産を誰がどの割合で相続するのかを遺産分割協議で決定します。遺産分割協議がまとまったら、協議書に相続人全員の署名と実印の押印を行い、完成させます。

4:不動産の名義変更

不動産の名義変更は不動産の所在地を管轄する法務局で行います。申請を行うために戸籍謄本等を含む必要書類を揃えましょう。不動産の名義変更はご自身で行うことも可能ですが、必要書類の収集や申請書の作成に不慣れな場合、時間や手間がかかってしまいます。オンライン申請も可能な司法書士へ依頼することもおすすめいたします。

5:登記識別情報の取得

不動産の名義変更が完了すると法務局で「登記識別情報通知」が発行されますので受け取ってください。これは以前権利証と言われていたものと同等のものです。

名義変更の必要書類

不動産の名義変更を行うために、以下の書類を準備しましょう。基本的な内容を記載いたしますが、遺産分割協議の内容によっては必要となる書類が別途異なりますので、専門家にご相談ください。

法定相続人が一人もしくは法定相続分で相続するケース

  1. 法定相続人全員の現在の戸籍謄本
  2. 法定相続人全員の住民票
  3. 被相続人の出生~死亡までの全ての戸籍謄本
  4. 不動産の固定資産評価証明書

遺産分割協議により決めた割合で相続するケース

  1. 法定相続人全員の現在の戸籍謄本
  2. 法定相続人全員の住民票
  3. 被相続人の出生~死亡までの全ての戸籍謄本
  4. 法定相続人全員の印鑑登録証明書
  5. 不動産の固定資産税評価証明書
  6. 遺産分割協議書

札幌・旭川相続税申告相談室では提携先の司法書士と協力し、不動産の名義変更のご対応を行っております。ぜひお気軽にご相談ください。

財産の名義変更の関連項目

tel:0120110991

営業時間9:00~17:00(土日祝日除く)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

相続&事業承継プロフェッショナル名鑑 2020年版
に掲載されました

札幌・旭川相続税申告相談室では、初回の無料相談からお客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、札幌・旭川近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

Contents Menu

事務所所在地

  • 事務所所在地

    札幌オフィス地図
    〒060-0002
    札幌市中央区北2条西2丁目1-5
    リージェントビル6F

    旭川オフィス地図
    〒070-8002
    旭川市神楽2条7丁目4-18

    東京オフィス地図
    〒104-0061
    東京都中央区銀座8丁目9-15
    銀座ミノリビル6F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方