相続税申告

亡くなった方の財産を相続や遺贈によって取得した各相続人等は、取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合、相続税の課税対象となりますので、相続税を申告、納税する必要があります。

相続税申告には期限や申告漏れによるペナルティもありますので、しっかりと確認をしていきましょう。

ここでは相続税申告の経験豊富な事務所である、ふたば税理士法人運営による札幌・旭川相続税申告相談室が相続税申告についてご説明させて頂きます。

基礎控除額は下記で算出します。

3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数 = 基礎控除額

相続によって取得する財産が、上記で算出した額を超えている場合には相続税の申告が必要となります。

相続税申告には期限がありますので、期限内に済ませておく必要がある手続きが多くあります。相続税申告が必要とわかったら速やかに相続手続きを進めましょう。

相続税申告の期限

相続税の申告期限は、相続の開始を知った日(通常、被相続人の死亡日)の翌日から10か月以内です。相続税申告が必要にも関わらず、期限を過ぎてしまうと加算税や延滞税などのペナルティが課せられてしまいます。
相続税の申告には相続人の調査や財産調査遺産分割協議などを済ませておく必要があります。10か月というと期間に余裕があるように感じられますが、様々な手続きが必要となるためあっという間に過ぎてしまいます。この手続きをご自身で全て済ませ、相続税申告に必要な書類を作成するのは大変な作業となります。各種法律も絡んでくる手続きとなりますので、相続税申告が必要な方は、相続税申告を専門的に取り組んでいる税理士にご相談されることをおすすめいたします。

税理士によって納税額が違う?!

相続税申告は、納税する人が納税額を自分で算出して申告します。しかし、専門的な手続きとなりますので、多くの人が税理士に依頼をしていますが、担当した税理士によって納税額が異なる場合もあります。税理士に任せればどの税理士でも同じでは?と思うかもしれませんが、お医者さんに専門分野があるように税理士にも得意とする分野があります。
相続税における納税額は、計算方法や財産の評価を熟知している相続税に強い税理士に依頼することによって、納税額を適正にかつ最小限に抑えることができます。

相続税申告を税理士に依頼する場合には、相続税に精通している税理士を選びましょう。

札幌・旭川相続税申告相談室を運営しておりますふたば税理士法人は相続税申告における知識と実績が豊富な税理士事務所です。
札幌や旭川周辺の相続税申告はふたば税理士法人にお任せください!初回は完全に無料でご相談をお伺いしておりますので、安心してお問い合わせください。

相続税申告の関連項目

tel:0120110991

営業時間9:00~17:00(土日祝日除く)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

相続&事業承継プロフェッショナル名鑑 2020年版
に掲載されました

札幌・旭川相続税申告相談室では、初回の無料相談からお客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、札幌・旭川近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

Contents Menu

事務所所在地

  • 事務所所在地

    札幌オフィス地図
    〒060-0002
    札幌市中央区北2条西2丁目1-5
    リージェントビル6F

    旭川オフィス地図
    〒070-8002
    旭川市神楽2条7丁目4-18

    東京オフィス地図
    〒104-0061
    東京都中央区銀座8丁目9-15
    銀座ミノリビル6F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方