相談事例

札幌の方より相続税についてのご相談

2020年09月04日

Q:税理士の先生にお伺いします。亡くなった父の書斎で多額の現金が見つかったのですが、相続税申告の際の扱いが分かりません。(札幌)

税理士の先生にお伺いしたいのですが、先日札幌に住む父が亡くなり、札幌にある実家で母と一緒に遺品の整理をしました。その際父の書斎の引き出しから多額の現金が見つかり、同居していた母ですら父の書斎には入ることはなかったらしく、母も驚いていました。父は年老いたこともあり、銀行に出向くことがつらくなってきたと見え、自宅に保管するようになったのではないかと思います。現在、相続手続きを始めていて、遺産の調査と相続人の確定を行っているのですが、まだ他にも現金が見つかる可能性もあります。急いで遺品整理を終えなければと焦り始めていますが、そもそも相続税申告の際、自宅に保管されていた現金などの扱いはどうなるのでしょうか。(札幌)

A:いわゆる“たんす預金”も相続税の課税対象となり、相続税の申告対象となります。

たんす預金と言われている、自宅等にある現金も相続税の課税対象になります。被相続人が所有していた財産は全て相続税の課税対象となるので注意してください。他に現金等が保管されている可能性もありますので引き続き遺品整理を行い、見つかった全ての財産の総額を集計します。相続税の申告は“申告納税制度”という、納税義務者が税額を計算し、課税庁申告・納付することで税額が決定する制度です。たんす預金については、金額を証明するものがないため、相続人が発見した全ての現金を相続財産に含め申告をすれば大丈夫です。とはいえ、相続税の課税対象として申告せずにいると、税務調査などで指摘される可能性がありますので絶対にやめましょう。

税務署は生前の所得金額を把握しており、税務調査の際は被相続人の口座だけでなく、相続人の口座に対する金融機関の口座の現金の流れについても調査されます。死亡日前後に多額の入金や不自然な動きがあったりした場合、相続人はその内容について事情の説明を求められます。

相続税申告は複雑で決まり事も多く、相続税の専門の税理士へと相談をする事をお勧めしております。相続税申告が必要かどうかわからない、相続税申告の手続きが分からないという札幌近郊にお住まいの方は、札幌・旭川相続税申告相談室の初回無料相談にご相談下さい。札幌・旭川相続税申告相談室では、相続税申告のプロである税理士・行政書士・協力先の司法書士が連携して、札幌近郊にお住いの皆様の親身になってご相談をお伺いしております。札幌・旭川相続税申告相談室では札幌近郊の相続税申告の案件を数多く扱っており、相続税申告の経験豊富な税理士が札幌にお住まいの皆様のご状況をお伺いさせて頂き、最善の方法をご案内いたします。札幌近郊にお住いの皆様の相続税申告、相続手続き、各種名義変更などご遠慮なくご相談下さい。スタッフ一同札幌の皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

tel:0120110991

営業時間9:00~17:00(土日祝日除く)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

相続・事業承継で頼りになるプロ セレクト100
に掲載されました

札幌・旭川相続税申告相談室では、初回の無料相談からお客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、札幌・旭川近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方