障害者控除

相続人に障害者がいる場合には、相続税の障害者控除を受けることができます。

障害者控除を受ける場合の要件は4つあります。控除を受ける場合には、下記にあげる要件を満たしている必要があります。

  • 障害者であること
  • 遺産を取得した時点で日本国内に住所があること
  • 法定相続人であること
  • 相続により財産を取得していること

障害者控除は一般障害者か特別障害者かにより、控除額が異なります。下記をご参照ください。

控除額
一般障害者 (85歳ー相続時の年齢)×10万円
特別障害者 (85歳ー相続時の年齢)×20万円

障害者の方が85歳以上になった場合には、控除額はありません。

※一般障害者…身体障害:3級~6級、精神障害:2級・3級
※特別障害者…身体障害:1級・2級、精神障害:1級、重度の知的障害

控除額が余った場合には他の相続人が使うことができます。

障害者控除を適用しても控除額が余った場合には、その障害者の扶養義務者の相続税額から控除することができます。

このように相続税では様々な控除がありますのでしっかり確認していきましょう。しかしながら、ご自身での判断は難しい分野となります。当事務所は初回は完全に無料でご相談をお伺いしております。札幌、旭川近郊で相続税についてのご相談でしたら、ふたば税理士法人にお任せください。

相続税の各種控除の関連項目

tel:0120110991

営業時間9:00~17:00(土日祝日除く)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

相続&事業承継プロフェッショナル名鑑 2020年版
に掲載されました

札幌・旭川相続税申告相談室では、初回の無料相談からお客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、札幌・旭川近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

Contents Menu

事務所所在地

  • 事務所所在地

    札幌オフィス地図
    〒060-0002
    札幌市中央区北2条西2丁目1-5
    リージェントビル6F

    旭川オフィス地図
    〒070-8002
    旭川市神楽2条7丁目4-18

    東京オフィス地図
    〒104-0061
    東京都中央区銀座8丁目9-15
    銀座ミノリビル6F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方